2017年11月4日土曜日

第3回認知症家族介護支援事業 脳トレセンター明治清流苑

平成29年度 第3回認知症家族介護支援事業を開催しました。

 10月22日(日)に脳トレセンターで第3回認知症家族介護支援事業を開催しました。悪天候の中ご参加くださいました皆様ありがとうございました。
 第3回のテーマは「介護技術を学ぶ」という事で清流苑職員による講義でした。特別養護老人ホーム明治清流苑、中津留介護課長とショートステイ、冨成相談員が担当でした。特養で行っている介護の方法や移乗の方法などを学びました。
 ご参加いただいた方から「話を聞いていただいてよかった。様々な介護サービスについて知りたいと思った。」「前回参加できなかったことが残念なほどありがたいです。自分の想いを話せるだけでも心が救われます。」
「本人の昔話などなかなか聞く時間が持てない。自分も妻も接し方が厳しくなっていることに反省しています。」等のご意見をいただきました。


 
 認知症の方の接し方で大切な事は相手の話を真剣に聞く態度を示すことだと言われています。(ごく短時間でも)関心を持って聞かせてもらっていると言う姿勢を示すことで信頼関係を築くことができると思います。研修や意見交換会を通してご家族の想いや在宅介護について様々な事を学びました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
 
<次回の予定>
第4回  11月19日(日) 10:00~12:00
 大東地域包括支援センター職員の講演(社会資源について)
※次回で最後になります。
 
【お申込み、お問い合わせ先】
脳トレセンター明治清流苑
Tel:524-3330  担当:小野
 
皆様のご参加お待ちしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿